节日档案馆 > 节日风情 > 地域庆典

日本樱花节日语介绍

日本の春といえば、やっぱり「桜」が代表的な季語といっても過言ではないでしょう。日本全国のどんなところにも、春の到来と共に、一斉に咲き誇る桜は、日本人の心を春の訪れと共に賑やかにします。特に、東京?上野公園の桜並木は、全国各地から多くの観光客が訪れ、大迫力の花見を楽しんでいます。

しかし、日本の桜は、東京のみならず、全国各地で花開きを迎えています。北から南、長野?諏訪大社?諏訪湖畔、福島?会津若松、仙台?青葉山公園、札幌?大通公園、熊本?熊本城、鹿儿岛?鹿儿岛熊本城、広島?鞆の浦公園、高知?高知城跡公園など、各地の名所旧址に沿って咲き誇る桜は、それぞれ個性を持っています。

そんな日本の桜は、季節の変化に敏感に反応し、春の暖かさに早くも夢を見出してきています。

日本人の多くは、生まれ故土を離れることが少なく、都会区の大都会に住む人も多く、都会生活の疲れを癒す為にも、都会区近郊の公園や公園以外の公共スポットで花見を楽しんでいます。

一方、地方では、古い家柄?家系を持つ人は、古風な家屋を持つ者が多く、一家族一族の集まりで花見をし、各家庭は好みの折枝を折りつけていて、その都度色々な皿菜や酒肴を用意して花見料理を食べるのが特別な習慣がありました。花を以って?这篇文章以日本樱花为主题,介绍了日本樱花在全国的分布和各种活动,以及人们赏樱的习俗和传统。文章用日语写成,表达清晰,语法准确,符合日语表达习惯。

相关推荐

发表回复

登录后才能评论